​259-1292 神奈川県平塚市北金目4−1−1 

東海大学工学部生命化学科

本ページコンテンツの無断複製・転載を禁じます。

 

© 2018 by Mitsuhashi laboratory. Proudly created with Wix.com

人間力を養う卒業研究

 





卒業研究ゼミナールについて
​​

 三橋研のゼミナールでは、毎週、学生各自の研究結果をプレゼン形式で発表してもらいます。先生がみなさんに講義をすることはありません。各自の研究結果について、一番良く知っているのは実験者本人です。実験した本人が先生になって、実験の背景、方法、結果、その解釈を研究室の仲間に伝えます。このようなアクティブラーニング形式をとることで、社会人にとって必須である、伝える力やプレゼンテーション能力、順序立てて物事を説明する力を養ってもらいます。


 発表を聞いている側も、ただ座って聞いているだけではありません。発表を聞いたら、それについて必ず意見を述べたり、質問をしたり、互いにアドバイスしたりすることにしています。研究は「労働」や「ノルマ」としてやるものではありません。本当に大切なのは、実験をおこなったあとの議論(ディスカッション)です。お互いの実験結果について、思いつくままに意見を交わし合いましょう。自分一人では思いつかなかった新しい見方やアイディアが生まれてくることでしょう。社会に出たら、自分一人でおこなう仕事などほとんどありません。チームで協力し、知恵を出し合って仕事を進めていくことになります。卒研ゼミナールでも、お互いに知恵を出し合って、互いの研究をより良いものに高めていく過程を学んでもらいたいと思います。みなさんの「集い力」や「自ら考える力」が養われるはずです。





//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now